« まったりと | トップページ | 怖い »

2009年4月15日 (水)

待っています

「やばいかな。」 

そう思いながらも傘を持たず家を飛び出した、

曇り空の月曜日。

案の定、会社に着く頃には雨が降り出した。

置き傘もしていなかったので、仕方なく会社の

折りたたみ傘を借りる。

ワンタッチ開閉のこの傘と私の相性は、最悪なのだ。

以前、出先からの帰り、開ボタンを押したのだが、

中途半端なところで開くのを拒否したこの傘。

その上、閉ボタンを押しても畳んではくれず、

結局、半開きの傘を片手にトボトボと

濡れながら歩くハメになったのだ。

「もう、あんな事はゴメンだ!」 と、

今回は開閉の練習を繰り返し、事務所を出た。

「くっ、ボタンかたすぎ! さっきは上手くいったのにっ!」

やはり開かない。

指先に力を入れ、開ボタンを押していると

『パキッ。』 と、乾いた音がした。

「傘、壊してもたーっ!」

慌てて確認するが、破損した様子はない。

ホッと安心し、再度 開ボタンに指をかけて驚いた。

「爪が折れてるーーーっ!」

先程の音の出所は、私の左手親指だったのだ。

いつも爪は短めに切ってあるのだが、

まさか深爪するほどまで、切ることになろうとは。

トホホな気分で、ついでに他の爪も短く切りそろえた。

短すぎる爪は、なんとも不便だ。

小物に付いたシールを剥がす時、

開け口の切り込みが入った小袋を開ける時など、

イラチな私はその度、ムキーーーッッ! となっている。

暫くは 

「シャンプーの時に、爪で頭皮を傷つける心配がないから

いいわよね~。」 と、その利点だけを胸に、

爪の再生を待つ日々になりそうだ。

|

« まったりと | トップページ | 怖い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まったりと | トップページ | 怖い »