« ホンマに・・・ | トップページ | またか »

2009年5月14日 (木)

だって、そういう生き物だから

昨日の朝、階段を駆け下りている時

目の端に何かを捉えた。

時間もないし、気のせいと言うことで・・・

そう思ったのだが、やはり気になる。

その何かから少し離れて、振り返った。

「うおぉ! ハエとり蜘蛛ーっ!」

黒々とした蜘蛛が1匹、出て行く私と入れ違いに

部屋へと向かっているところだった。

そんなこと、させるものかっ!

すぐに携帯を取り出し、家の外に止めた車の中で

待っているであろう先輩に助けを求める。

「ごめん、すぐ来て。 お願い。」

「どした~?」 と来てくれた先輩に、即捕獲された蜘蛛は

自然の中へとピョンピョンかえって行った。

「あの蜘蛛は可愛いで。」 そう言う彼に、

どうしてハエとり蜘蛛が苦手なのかを説明する。

「やつらは俊敏な上に、跳ぶねんで!

前に見てたとき、結構な距離 跳んでたもん。

それも狙った場所に、正確に!

蜘蛛も身に危険が迫ったら、命がけで逆襲してくるかもやし。

もし、顔めがけて跳んで来られたら、どうするっ!?

それに、頭の上に着地されたりとか・・・

あぁ! そんなん怖すぎるやろーっ!?」

想像しただけで、軽くパニックになってしまう私に、

「普通、そこまで考えるかぁ?」 と苦笑いの先輩。

ヤモリの時もそうだったが、いろんなケースを考えてしまい

必要以上に怖くなってしまうのだ。

何故、そこまで考えるのだ と訊かれても・・・

だって私、そういう生き物だから。

|

« ホンマに・・・ | トップページ | またか »

コメント

やさしい先輩ですね~~

フフフ

投稿: セイゴ | 2009年5月14日 (木) 22時55分

セイゴ君

ホンマに優しいお父ちゃんですcatface
娘のように、可愛がってもらってますsmile
・・・いや、息子のように。かなw

投稿: くら | 2009年5月14日 (木) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホンマに・・・ | トップページ | またか »