« 戦う | トップページ | 美味しいの~ »

2009年8月21日 (金)

そうですか 怒

朝、店のシャッターを上げ、鍵を開ける先輩の

すぐ後ろで待っていた私。

その時 急にシャッターが ガラガラガラッと

音を立てながら下りてきた。

「危ないっ!」 

このままでは、鍵を開ける先輩の手が挟まるっ!

とっさに両手を出し、シャッターを止めた。

だが、右手は無事だったが左手首を強打した。

「痛っ!」 と手首をおさえる私を見た

先輩の一言目  「あ~あ。」

この時点でカチンときたが、店に入り手首を冷やす。

その間も先輩はスルー。 ますます腹が立つ。

「ちゃんとシャッター上げてからじゃないと危ないで。」

そう言った私に

「そうやな~。 ほんまやな~。」

おいおい、以前も同じ事をやっただろう。

もうここで限界である。

「ずっと人事みたいに言っていますが、

誰のせいで、こうなったか分かっていますか?

私、前から何度も言っていましたよね。

それに、「あ~あ」の前に、言うことは無いのですか?

ふざけないで下さい。

ご自分が痛い目にあうまで分からないのですか?

なら、あなたが挟まればよかったですね。」

綺麗に言うならこういうセリフを、怒りと共にはき出す。

最悪な1日の始まりだった。

もうイライラしっぱなし。

本当に放っておいて、挟まるのをボーッと見て、

痛がる本人に 「あ~あ。」 と言ってやれば良かった。

本当に 「ふざけんなっっ!!!」 である。

まぁ手首の痛みもひいたし、軽い事故って事で・・・

でもやっぱり腹が立つ。

|

« 戦う | トップページ | 美味しいの~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦う | トップページ | 美味しいの~ »